新小岩から徒歩5分の親切丁寧を心がけている根本改善目的の整体院

野方整体


出産後の不調(肩こり、腰痛、股関節痛、恥骨付近の痛み、手首の痛み等)で
お悩みの方の御来院がとても増えております。


妊娠中に歪んでしまった骨盤は産後徐々に(3~4ヶ月位)左右交互に
縮小しながら、元の骨盤の状態に戻ろうとします。
ですが、妊娠中に体のバランスが崩れていると正常な状態の位置に
戻りづらくなってまいります。

また 日ごろの姿勢も大切です。
椅子での足組み、猫背、授乳中のあぐら等は歪んでしまう姿勢なので、
骨盤をさらに歪ませる原因になります



骨盤が妊娠前の正常だった状態に戻らないと、血流が悪くなり、
代謝がうまくいかなくなり、
脂肪がつきやすくなってしまうため、太りやすくなります。
産後に下腹部が出てしまうのはこのためです。

他にも肩こり、腰痛、むくみ、冷え性や不妊にもつながってしまいます。


産後は靭帯がとても柔らかくなっており、
骨盤矯正するには良い機会であります。
基本的には、産後2~6ヶ月までに骨盤矯正を行うのがおすすめです。

産後1ヶ月は無理せず医師の許可が出るまでは矯正は我慢してください。
絶対に産後1ヶ月は様子をみましょう。
産後6ヶ月経つと骨盤が閉じた状態になり、
矯正するのが大変になってくるといわれてます。
できれば、2~6ヶ月までに骨盤矯正をしておくことをお勧めします。


骨盤が正しい位置に戻ると、内蔵も正常に働き 
栄養素の吸収や消化が凄く良くなります。
また、身体の循環が良くなることで代謝も上がり、痩せやすい体になっていきます。

産後太ってしまうお悩みを解消させるためには、産後の6ヶ月間が非常に重要です。
しっかりと骨盤矯正を行うことで痩せるだけでなく、
スタイルも良くなっていく事も充分に可能です。




主にブロックテクニックになります。
骨盤の下に三角ブロックを挿入し骨盤が正しい位置のところでゆっくり時間を置きます。
ブロックによって全く痛くなくソフトに矯正を行うことが可能です。
個人差はありますが、施術を何回か繰り返すことにより身体が覚えていき定着していきます。


骨盤矯正で必要な施術回数平均目安・・・4,5回程


大体、骨盤が本来の位置に定着するまでに週1で4,5回と見ております。
出来れば定期的な間隔で施術を行う事により改善スピードが速まる可能性があります。
その後はどんどん間隔を空けていき良い状態を定着させることをお勧めしております

ですので、
「1、2回で完全に骨盤矯正を終了してほしい」という方は不可能です。
お手数ですが他の治療院をお探しください。